Linuxコマンドのmd5sumをわかりやすく説明する

Linuxコマンドのmd5sumをわかりやすく説明する

md5sum hoge.txtとするとハッシュ値が返ってきます。

a.txtファイル内のハッシュ値が返ってきているのがわかります。

このハッシュ値はMD5という計算アルゴリズムから算出されています。

md5sumの使いどころ

ファイルや文字列からmd5sumコマンドでハッシュ値を算出する。この使いどころとしては、各環境ごとに配置されたファイルが同じファイルであることを確認するためにmd5sumを使ったりします。

例えばdev,test,prodという開発環境があるとします。

  • dev環境にあるhoge-1.0.0.jar
  • test環境にあるhoge-1.0.0.jar
  • prod環境にあるhoge-1.0.0.jar

これらのファイルが同じであることを確認するためにmd5sumを使ってハッシュ値が同じであれば同じファイルであると判断ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA