localstackでSQSをトリガーとしたLambdaの実行

http://confrage.jp

localstackでSQSをトリガーとしたLambdaの実行

こんにちは東です。
今回は前回紹介した「localstack」を使ってSQSをイベントトリガーとしたLambdaの簡単なサンプルを作成したいと思います。

各サービスの準備

DynamoDBにテーブルを作成します。
今回は「NoSQL Workbench for Amazon DynamoDB」を利用してテーブルの作成を行います。

  • 「DataModel」でテーブルの内容を定義し

  • 「Visualizer」で作成したデータモデルを選択し「Commit to DynamoDB」を押下

  • localstackのDynamo向きのコネクションを選択し、「Commit」を押下

SQSに、今回利用するQueueを作成します。

以下のコマンドで、Queueが作成されている事を確認します。

Lambdaを作成します。

Lambdaの実装は以下の通りです。
SQSから受け取った内容をそのままDynamoへ登録します。

LambdaのトリガーにSQSを設定します。

動作確認

CLIからsend-messageを行います。

・実行結果
Dynamoのtestテーブルに、Bodyに指定した内容が登録されていることがわかります。

今回サンプルで載せているコマンドでは毎回endpointの指定を行っていますが、毎回指定を行うのはめんどくさいと思います。
その場合は、awscli-localを利用することで、endpointの指定を省くことが可能です。

使い方は簡単、aws→awslocalに変えるだけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA