Node-REDでchangeノードを使う

Node-REDでchangeノードを使う

changeノード

changeノードは、以下4つの操作があります。

  • 値の代入
  • 値の置換
  • 値の削除
  • 値の移動

msg.payloadを数値にする

injectノードのmsg.payloadを数値にしてchangeノードで代入しようとしたがエラーとなったのでよく見てみるとmsg.payloadに型指定があった。。

数値にしないと文字列の”100″みたいになってしまうので注意。

Node-REDでchangeノードを使う Node-REDでchangeノードを使う

値の代入(set)

changeノードで値の代入(set)をしてみます。

msg.payloadに小数点切り上げた数値を代入しなおします。JSONata式を選択します。

Node-REDでchangeノードを使う

3点リーダをクリックします。関数リファレンスがありますので$ceil(payload)とします。

Node-REDでchangeノードを使う

デプロイして実行します。10.256が11になって代入されています。

Node-REDでchangeノードを使う

値の置換(change)

値の置換はreplaceAllみたいな動作です。

msg.topic=”aaa”の状態で、aをbに置換するとbbbとなります。

Node-REDでchangeノードを使う

aaをbbに置換してみます。aaaがbbaに置換されます。

Node-REDでchangeノードを使う

値の削除(delete)

値の削除をします。_msgidは削除できません。

Node-REDでchangeノードを使う

デプロイして実行すると、_msgidだけのmsgオブジェクトになります。

Node-REDでchangeノードを使う

値の移動(move)

値の移動をします。代入と違って元のプロパティがなくなります。mvコマンドのようなイメージです。

Node-REDでchangeノードを使う

topicをnew_topicに移動します。

Node-REDでchangeノードを使う

参考サイト

https://nodered.jp/docs/user-guide/nodes#change

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA