OracleのDate型に時分秒も登録する

OracleのDate型に時分秒も登録する

OracleのDate型に時分秒も登録または更新するにはPreparedStatementのsetStringに「yyyyMMddhhmmss」形式のString型をセットすれば、yyyy/MM/dd hh:mm:ss形式で登録することができます。

以下サンプルです。

この形式を間違えた場合、ORA-01858が出る場合があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA