PowerShellスクリプトを実行する

PowerShellスクリプトを実行する

PowerShellのスクリプトの拡張子はps1です。

スクリプトではif文やfor文を書いてスクリプトを記述します。

複数分岐がある場合は

とタイプします。

for文は

というようにタイプします。

for文のインクリメントする変数は事前に宣言する必要などはありません。

とタイプするとaが3回表示されます。

これをa.ps1と言うファイルに保存します。

これを実行するのですが、ps1ファイルのセキュリティがあります。

Restrictedとは「全てのスクリプト実行を禁止」を意味します。

その為、現状では実行できませんので、set-executionpolicyで設定を変更します。(管理者として実行しないとエラーとなります。)

これでremotesignedに変更しました。これは、インターネットを介して実行するスクリプトに証明書を要求するので、ローカルで実行するには問題ありません。

また実行する際はファイル名の前に「./」を付加します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA