Project Jigsaw 手始め

こんにちは東です。
今回はJava9から利用できるようになった「Jigsaw」をつかって、簡単なサンプル作成を行います。

手順

  1. module-info.javaを作ってみる
    Eclipse(STS)であれば、プロジェクトを右クリック→「構成」→「module-info.javaの作成」を選択することで、srcディレクトリ直下に「module-info.java」が作成されます。

  2. 依存するmoduleを記述してみる
    簡単な文字判定を行いたいので、「org.apache.commons.lang3」を依存に追加します。

  3. Mainクラスに処理を実装
    「foo」で始まる文字列の場合のみ出力を行うような内容にしてみます。

  4. 実行結果はこちら

  • この状態でmodule-info.javaをいじってみると
    依存性の解決が行えないので、当然エラーとなります。

簡単なサンプルは以上となります。
次回はmodule-info.javaの記述内容にフォーカスし、moduleの提供、依存するmoduleを自身に依存する側にも参照可能とする指定の仕方など、色々試していきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA