ReactのReact.createClassメソッド

ReactのReact.createClassメソッド

React.createClassメソッドを使用して、Reactのコンポーネントを作成することができます。

renderメソッドがJSX文法を返します。上記をトランスパイルすると以下のコードになります。

Reactエレメントとなる<Test />をレンダリングします。

サンプル

React.createClassメソッドは非推奨

React15.5からReact.createClassメソッドが非推奨となるようです。

代わりに、React.Componentメソッドを使用するべきだそうです。

ReactのReact.createClassメソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA