Redux 入門

求人

Redux とは

state(状態)を管理することに特化した、ライブラリです。
React.js を利用していると、コンポーネントに state が含まれ状態の管理が複雑になります。
Reduxでstateを一元管理し、コンポーネントとstateの分離が可能となります。

React.js と合わせて利用することが多いですが、React.js と合わせなくても Redux 単体で利用することが可能です。この記事では、取り扱いません。

前提

  • node.js がインストール済みであること
  • React.js のコンポーネントを作成できること
  • ソースはReduxのexamples/todosなど例が用意されているので、それを見るのがいいです。

環境

記事作成時の環境を記載しています。

項目 バージョン
node.js 8.9.4
React.js 16.2.0
Redux 3.7.2
react-redux 5.0.6
VSCode 1.19.2

3 つの原則

Single source of truth

The state of your whole application is stored in an object tree within a single store

すべての状態は一つの store(オブジェクト)に格納されます。

  • データを一元管理する。

State is read-only

The only way to change the state is to emit an action, an object describing what happened.

状態はアクションを介さないと変更できません。

  • 知らないうちに変更されることを防ぐ

Changes are made with pure functions

To specify how the state tree is transformed by actions, you write pure reducers.

reducer 関数で、action を元に state の変更を行います。

  • state の変更ではなく、新規 state を返す。
  • reducer は分割が可能。

基本

state

store にて一元管理される、アプリケーション全体の状態を表します。

Action (Creator)

actionはイベントが発生した事を表すオブジェクトです。

  • 必ずtypeプロパティを含む必要があります。
  • type以外の構造は、任意です。

Action Creatorは、Actionを生成を行います。

Reducer

Action を元に、state の変更を行います。
reducerは分割することが可能で、分割した場合はcombineReducers関数を使用して1つのreducerにまとめて使用します。

Store

action と reducer をまとめ、state を一元管理します。
createStore関数を使用してstateを作成します。
引数にReducerを渡す必要があります。

データフロー

redux のデータフローは以下の図の様になっております。以下の図は、redux(github)の issue に記載されているものです。
dispatcher は誤りで、dispatch function が正しいですが、データの流れがアニメーションとなっておりわかりやすいと思います。

基本的な流れ

  1. view にてイベントが発生
  2. イベントに対応した、action(データ)を作成し redux に通知
  3. redux は 受け取った action と store に保持している state を、reducer に渡す
  4. reducer は受け取った情報(更新前 state/action)をもとに新 state を作成し返却
  5. store は新 state を view に通知

Reactと連携

ReactとReduxを連携するには、react-reduxパッケージを使用します。
連携するにあたり、Reactのコンポーネントを表現とコンテナを分けて考える必要があります。

表現コンポーネントは、UIに専念します。stateを持つことは可能ですが、状態が一元管理できないので持たせることは少ないと思います。
コンテナ コンポーネントは、Reduxが一元管理しているstateを使用してどのように動くかを定義します。

連携

storeの紐づけ

reduxのexamples/todosから./src/index.jsを抜粋しました。

reduxのcreateStoreで作成したstoreをreact-reduxのProviderに渡して、ストアを監視できるようになります。

index.js

コンテナコンポーネント

コンテナコンポーネントは、react-reduxのconnect関数を使用します。
connect関数はコンポーネントとstoreを紐づけます。
reduxのexamples/todosの./src/containersを参照して実装を確認してください。

connect関数の引数

  • 第1引数(mapStateToProps)
    stateからコンポーネントに渡すpropsを生成する関数を指定します。

  • 第2引数(mapDispatchToProps)
    Reduxのstateを更新するには、ReactのsetStateを使用するのではなく、dispatch関数を使用する必要があります。
    この引数では、UIイベントとdispatch関数の対応を定義します。

connect関数の戻り値の関数に対して、上記内容を含むpropsを渡したいコンポーネントを指定する事で、storeの内容が表現コンポーネントと紐づき表現コンポーネントの表示および動きが変わります。

参照

Redux
Redux 公式
Redux github

ECMAScript,Javaを扱います。
最近は、vue.jsなどフロントエンドの技術に興味あり!

中日ドラゴンズを応援してます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA