ServerlessFrameworkでスタックを更新せずにLambda(node.js)をデプロイする

ServerlessFrameworkでスタックを更新せずにLambda(node.js)をデプロイする

serverless deployコマンドでデプロイするとCloudFormationのスタックが更新されて処理時間がかかります。

Lambda開発中などは、serverless deploy --function 関数名コマンドでスタックに依存せずに指定したLambdaをデプロイすることができます。(servelress deployコマンドでスタックがある前提)

serverless deploy --function 関数名

関数名はserverless.ymlに記載している関数名です。

serverless.yml

service: sample
frameworkVersion: '3'

provider:
  name: aws
  runtime: nodejs16.x
functions:
  hellox:
    handler: src/lambda1.hello
    package:
      individually: true
      include:
        - src/lambda1.js
  helloy:
    handler: src/lambda2.hello
    package:
      individually: true
      include:
        - src/lambda2.js

上記ymlでいうhelloxとhelloyが関数名になります。

参考サイト

Serverless Framework - Deploying to AWS
The Serverless Framework documentation for AWS Lambda, API Gateway, EventBridge, DynamoDB and much more.

コメント

タイトルとURLをコピーしました