SpringでREST APIチートシート

SpringでREST APIチートシート

パスパラメータ、クエリパラメータは@PathVariable,@RequestParamアノテーションを使います。

パスパラメータやクエリパラメータのバリデーションチェックは@Valid,@Validateで行います。

Spring BootのRestControllerの@PathVariableと@RequestParamの使い方や@Validate,@Validでバリデーションチェックを行う方法

パスパラメータにスラッシュ付きのパラメータを含む場合の取得方法

パスパラメータにスラッシュ付きのパラメータを含む場合、ワイルドカード(**)を使用します。

Spring REST APIでスラッシュを含むパスパラメータ取得方法

RestTemplateでHTTPS通信

RestTemplateでHTTPS通信を行う場合は、基底クラスの実装をカスタマイズします。

Spring BootのRestTemplateのHttpURLConnectionをSSL通信にカスタマイズする方法

REST APIで2フェーズコミット

2フェーズコミットはREST APIでも実装可能です。

Spring JPAで複数データベース(PostgreSQL)に接続する方法

@Transactionalアノテーション

トランザクションを読み取り専用にする方法です。

Springの@Transactional(readOnly=true)で読み取り専用のトランザクションにする

リクエストとレスポンス

リクエストとレスポンスについてです。

Spring BootのRestControllerでJSONを引数で渡す方法

Spring BootのRestControllerでJSON形式を返す方法

@Controllerと@RestController

@Controllerと@RestControllerアノテーションの違いについてです。

@Controllerと@RestControllerの違い

REST Controllerのエラーハンドリング

Spring BootのREST APIでエラーハンドリングする方法

RESTのテスト

Win10からコマンドプロンプトでcurlコマンドが使えるようになっていますので、curlやPOSTMANで疎通テストが可能です。

VSCodeのREST ClinetプラグインでRESTのテストをする方法

curlチートシート

RESTAPIのJUNIT

HttpClientやTestRestTemplateを使ってJUnitでテストします。

Spring BootのRESTControllerをJUnit4でテストする

RESTControllerでDB接続する際の、Repositoryのテストはインメモリデータベース(H2)を使った方が良いです。

Spring BootのテストでJUnit5+H2+@DataJpaTestアノテーションでテストする方法

コントローラやサービスクラスはmockitoでテストすると良いかもしれません。

Spring Bootでmockitoを使ってテストする

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA