Spring Bootのbuild.gradleでMavenのローカルリポジトリを設定する

Spring Bootのbuild.gradleでMavenのローカルリポジトリを設定する

Spring BootのバージョンによってはリモートリポジトリはJCenterかMavenCentralかと思いますが、これはいずれもリモートリポジトリ(外部)になります。

ローカルリポジトリを設定したい場合はbuild.gradleを以下のように修正する必要があります。

ローカルリポジトリはその名の通りローカルにあります。

mvnのローカルリポジトリの設定場所

mvnをインストールして、ローカルリポジトリを設定するには、インストールディレクトリ(私の場合、C:\maven\conf)配下にsettings.xmlというファイルがあります。

このファイルの53行目あたりの<localRepository>で設定します。

自作ライブラリなどをdependenciesに書いてdependenciesに記述したい場合などは、こういうローカルリポジトリを作成したりします。

自作ライブラリをローカルリポジトリに公開する

自作ライブラリ(jar)をローカルリポジトリに公開するにはmavenがインストールされている必要があります。mvnコマンドにパスが通っているとして以下コマンドを実行します。

C:¥temp¥自作ライブラリ.jarがあるとします。

これで、c:¥maven¥repository¥配下に自作ライブラリというフォルダが作成されます。

この中に必要なファイルやjarがあります。

これをbuild.gradleのdependencies内に記述することによって自作のローカルリポジトリのライブラリをdependensiesに記述することができるようになります。

dependenciesに記述する場合は規則があり、以下の通り記述します。

上記のmvnコマンドでいうと以下になります。

これでローカルリポジトリにフォルダが作成されて、build.gradleの依存関係に追加することができるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA