STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

STSで作成したプロジェクトをGitHubにpushする方法です。

まずGitHub側でリポジトリ作成します。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「New repository」をクリックします。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「Create repository」をクリックします。GitHub側は一旦これで完了です。

STS

既存プロジェクトを先ほどのリポジトリにpushします。

プロジェクトを右クリックして「チーム」-「プロジェクトの共用」をクリックします。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「Git」にして「次へ」をクリックします。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

赤い箇所のチェックを入れます。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「完了」をクリックします。これでプロジェクトの右側に[~master」と表示されるようになっているはずです。

プロジェクトを右クリックして「チーム」-「コミット」をクリックします。

Gitステージングビューを表示して「ステージされていない変更」欄に表示されているファイルをAddします。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

Addすると、下の欄に表示されます。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

これを確認してから「コミットおよびプッシュ」します。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「宛先Gitリポジトリー」が表示されるので、URIとユーザーパスワードを入力します。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「次へ」をクリックします。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

「次へ」をクリックします。

STSで作成したプロジェクトをGitHubにアップロード(連携,push)する方法

non-first-forwardと表示されたら、一旦git pullします。「チーム」-「プル」で行います。

次に「チーム」-「ブランチのプッシュ~」からプッシュすればGitHubにプッシュされるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA