STS(Eclipse)のGradleプロジェクトでjacoco設定する方法

STS(Eclipse)のGradleプロジェクトでjacoco設定する方法

eclemmaでカバレッジしていたのですが、最近jacocoが流行っているみたいなのでbuild.gradleで設定する方法を纏めます。

jacoco自体は「EclEmma」チームが作成しているコードカバレッジツールです。

gradle標準プラグインでjacocoは用意されているのでapplyします。

plugins {
id 'org.springframework.boot' version '2.3.0.M2'
id 'io.spring.dependency-management' version '1.0.9.RELEASE'
id 'java'
id 'jacoco'
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

dependenciesに依存関係追加します。

これでGradleタスクのbuildを実行します。

build配下に以下ファイルが作成されます。

生成 用途
jacoco\test.exec Jenkinsで使用

html形式のレポート出力

build時にhtml形式のレポートを出力できるように設定します。

まずbuild.gradleに以下を記述します。

jacoco {
toolVersion = "0.7.1.201405082137"
reportsDir = file("$buildDir/customJacocoReportDir")
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

これで、GradleタスクにjacocoTestReportが表示されるようになります。

STS(Eclipse)のGradleプロジェクトでjacoco設定する方法

次に以下を記述します。

jacocoTestReport {
reports {
xml.enabled false
csv.enabled false
html.enabled = true
}
}

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

これで、customJacocoReportDir\test\html配下にhtml形式のレポートが出力されているはずです。

STS(Eclipse)のGradleプロジェクトでjacoco設定する方法

http://gradle.monochromeroad.com/docs/userguide/jacoco_plugin.html

Eclipse4.4にカバレッジツールEclEmmaプラグインを追加する

Java11+JUnit5+jacoco出力する

jacocoの0.8.5ではJava13までサポートしていますのでJava11+JUnit5でjacoco出力が可能です。

build.gradleを以下のように記述します。

test {
useJUnitPlatform{
includeEngines 'junit-jupiter'
}
}
jacoco {
toolVersion = '0.8.5'
reportsDir = file("$buildDir/customJacocoReportDir")
}
jacocoTestReport {
reports {
xml.enabled false
csv.enabled false
html.enabled = true
}
}

view raw
build.gradle
hosted with ❤ by GitHub

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA