TypeScript のジェネクリック型

TypeScript のジェネクリック型

JavaのようにTypeScriptにもジェネリック型があります。TとかUとかKとかで表現します。

慣例として大文字1文字ですが、別に2文字でもかまいません。

このTとかを型パラメータと呼びます。ではジェネリック型を使用したクラスを定義します。

このようにstringにしたりnumberにしたりbooleanにしたりすることができます。

TypeScriptのジェネリック関数

関数にもジェネリック型を使用することができます。

TypeScriptの型パラメータに制約をつける

インターフェースを継承して、型パラメータに制約をつけることができます。

以下のように2つインターフェースがあるとします。

T extends インターフェースとすることによって、Aaa<bbb>はコンパイルエラーとなります。

引数を配列にする

引数を配列にしたい場合は、U[]としたらよいです。

TypeScript のジェネクリック型

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA