Windows10にPhalcon3をインストールする

Windows10にPhalcon3をインストールする

前提

項目 内容
言語 php7.4 nts
パス c:\php
OS Win10 64bit

Phalconは海外で流行っているようですが、まだまだ日本語ドキュメントは少ないです。

以下サイトを読み進めながらインストールしてみましたが正直悩みました。

https://phalcon-docs-ja.readthedocs.io/ja/stable/reference/wintools.html

Phalconを動かすにはまずComposerが必要です。

ComposerをインストールせずにPhalconコマンドを実行すると以下のエラーが出ます。

ということでComposerをインストールしましょう。

Composerのインストール

https://getcomposer.org/doc/00-intro.md#installation-windowsのサイトからインストーラをダウンロードします。setup.exeを実行する際に、php.exeのフルパスを指定する必要があります。今回でいうとc:\php\php.iniです。

インストールされたことを確認します。

インストールできていることが確認出来ました。

PSRインストール

次にPSRをインストールしないと以下のようにエラーが発生します。

https://pecl.php.net/package/psr/1.0.0/windowsから「7.4 Non Thread Safe (NTS) x64 」をダウンロードします。

解凍すると、php_psr.dllファイルがあるので、c:\php\extに配置します。あとでphp.iniを編集する必要があります。

php_phalcon.dllインストール

php_phalcon.dllをダウンロードして、c:\php\ext配下に配置します。

https://phalcon.io/en-us/download/windowsにダウンロードリンクがありますので、そちらからphp_phalcon.dllをダウンロードしてください。

php.ini編集

WindowsでPhalconを使用するには、php_psr.dllとphp_phalcon.dllライブラリをダウンロード、インストールしておく(C:\php\ext配下に置く)必要があります。

これをphpで使うためにphp.iniを編集します。

php.iniに2行追加します。

Phalcon Devtoolsインストール

Phalcon Devtoolsをcomposerコマンドでインストールします。

これでPhalcon Devtoolsがインストールできました。でもまだPhalconは使えません。

composerの使い方については「phpのcomposerを使ってパッケージインストールする 」を参照ください。

Phalcon動作確認

環境構築完了しましたので、Phalconコマンドを実行します。実際はbatファイルのようです。

これでPhalconインストールが完了しました。

最後に

phpを動かす場合には以下サイトよりMicrosoft Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしておく必要があります。

64bit環境なら、vc_redist.x64.exeを実行してインストールしておく必要があります。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2977003/the-latest-supported-visual-c-downloads

また、スレッドセーフ(TS)かノンスレッドセーフ(NTS)を各種dllについて合わせておく必要があります。

参考サイト

https://agency-star.co.jp/column/phalcon

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA