Zabbix2.4.2サーバを立てて、Zabbix agent2.2.14を監視対象サーバにインストールする

Zabbix2.4.2サーバを立てている環境で、Zabbix agent2.2.14を監視対象サーバにインストールする方法です。

エージェントはhttp://www.zabbix.com/jp/download.phpよりダウンロードできます。

監視対象がWinSrv2008なのでWindows版をダウンロードします。

zabbix_agentd.win.confをzabbix_agentd.confにリネームします。

ファイル内を以下のように編集します。

52行目

74行目

90行目

115行目

126行目

これで、WinSrv2008の10050ポートを解放しておきます。

このポートを解放しておかないと、Zabbixエージェントが認識されず、以下のようなエラーが出ます。

ここまで終われば、エージェントをサービスに登録します。

D:\配下にzabbix_agents_2.2.14.winを配置した場合です。

コマンドプロンプトに以下のように出力されます。

「管理ツール」-「サービス」より「Zabbix Agent」が登録されていれば、「開始」させておきます。

Zabbix2.4.2サーバ側でホストの作成を行う

Zabbix2.4.2にログインし、「設定」-「ホスト」-「ホストの作成」を押します。

ホスト名は、エージェントをインストールした監視対象のホスト名を入力します。

表示名は、わかりやすいように任意です。

グループは「その他のグループ」になければ、新規グループ作成欄に入力してEnterを押します。

IPアドレスは、監視対象のIPアドレスを入力し、ポートは10050のままでOKです。

一番下に更新ボタンがあるので、更新ボタンを押して完了です。

「設定」ー「ホスト」を押して、名前欄から更新した対象野エージェントをクリックします。

以下のように緑色になっていればOKです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA