AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

求人
AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

AWSのEC2上にRDB(MySQL)をインストールすることもできますが、EC2からRDS(MySQL)に接続することができます。

EC2の作成方法は「AWS EC2でWebサーバを起動する」を参照下さい。

セキュリティグループのインバウンドを変更する

EC2からRDS(MySQL)に接続するには、EC2のセキュリティグループを変更する必要があります。

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

MySQLの3306ポートを解放します。ソースにはセキュリティグループのグループIDを指定します。

DBサブネットグループを作成する

RDS(MySQL)を作成するにあたり、まずDBサブネットグループを作成します。

AWS RDSのDBサブネットグループを作成するには、VPC構成も考慮されている必要があります。EC2と同じサブネットにしないといけないと思います。(多分)

  • VPCにサブネットが2つ以上必要
  • 最低でも2つのサブネットのAZが異なっていること

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

これで「作成」をクリックします。

RDS(MySQL)を作成する

DBサブネットグループを作成してから、RDS(MySQL)を作成します。

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

「次へ」をクリックします。

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

AWSのEC2からRDS(MySQL)に接続する

あとは変更せずに「DBインスタンスの作成」をクリックします。

※セキュリティグループは3306ポートが解放されているセキュリティグループを選択します

RDS(MySQL)作成は10分ほどかかります。「利用可能」となればOKです。

EC2からRDSに接続できるか確認する

EC2にmysqlコマンドがインストールされていない場合は、インストールします。

次にRDS(MySQL)に接続してみます。

RDSのエンドポイントからIPアドレスを調べることができますが、このIPアドレスは変更される可能性があるため、必ずRDSのエンドポイントを指定します。

RDSのエンドポイントなどの情報は、RDSのコンソールで調べることができます。

passwordを入力するように促されるので、RDS作成時のパスワードを入力します。

コンソールが以下のようになれば接続完了です。

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA