npxでローカルパッケージを実行できるんです!

gulpとか使用するとき、install方法として、npm install -g gulpとか書いてますよね。
これグローバルにinstallしてるので、グローバルが汚染されて嫌だなと思ってました。

ローカルインストールすると、gulpコマンドを直接実行できないので、npm-script通して間接的に使ってました。
npmv5.2.0からnpxが追加されました。
これでローカルパッケージを実行することができます。

また、パッケージを一時的に利用することも可能です。
vue-clicreate-react-appなどテンプレートを使用してプロジェクトを始めるときにグローバルinstallが不要なので有用ではないでしょうか。

使い方(ローカルパッケージ)

以下は、gulpPostCssを使用してcss/test.cssをvcender prefixを付加したcssに変換出力タスクを実行する例です。

利用パッケージ

パッケージ バージョン
gulp 3.9.1
gulp-postcss 7.0.1
autoprefixer 8.3.0

gulpfile.js

コマンド

使い方(パッケージの一時利用)

以下がcreate-react-appを一時利用する場合です。
パッケージ名とコマンド名が同一の場合は、以下の形式で可能です。

vue-cliの様に、パッケージ名とコマンド名が異なる場合は、-pオプションでパッケージを指定したのちに、実行したいコマンドを記載します。

nodist利用時の注意点

nodistを使用してnode.jsを入れ、利用している場合、nodist npm matchを実行してnpxが入っているバージョンに変えてもnpxが入っていません。
その場合は、以下でinstallすることで可能です。

npmパッケージをグローバルにインストール。。。

npmのバージョンが低い場合

nodist利用時の注意と同様に以下コマンドを実行してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA