VSCodeのRemote WSLでWindows Subsystem for Linuxに接続する方法

VSCodeのRemote WSLでWindows Subsystem for Linuxに接続する方法

VSCodeでWSLに接続することができるようになりました。公式ブログ

このブログではInsiders版しか対応していないけどもうすぐ安定板も対応しますとのことです。

VSCodeのアップデートの速さから考えるときっとすぐなんでしょう。

とりあえずInsiders版で試してみました。Remote – WSLをインストールします。

VSCodeのRemote WSLでWindows Subsystem for Linuxに接続する方法

インストールしたら、ctrl + shift + pで「Remote WSL: New Window」を選択します。

VSCodeのRemote WSLでWindows Subsystem for Linuxに接続する方法

新しいVSCodeが開いてWSLに接続されます。これでWSLを起動するのがVSCode上で簡単に実現できます。

VSCodeのRemote WSLでWindows Subsystem for Linuxに接続する方法

Remote SSHとかの記事を見ても、やっぱりVSCodeはすごすぎます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA