SpringMVCのValidationチェックでエラーメッセージをプロパティファイルを使って日本語にする

求人

SpringMVCのValidationチェックでエラーメッセージをプロパティファイルを使って日本語にしてみます。

アノテーションの上に直接メッセージを書いて実現する方法は「SpringMVCのValidationチェックでエラーメッセージを日本語にする 」を参照ください。

まず「ファイル」-「新規」-「ファイル」で「ValidatorMessages_ja.properties」を作成します。

リソースファイルなどはsrc/main/resources配下に保存します。

ファイルには適当なエラーメッセージを入力してください。PropertyEditorで記述すると自動的にUnicodeエスケープされます。

SpringMVCのValidationチェックでエラーメッセージをプロパティファイルを使って日本語にする

servlet-context.xmlに以下を追加します。

アクションフォームのアノテーションは以下のように戻します。

送信ボタン押下時のコントローラは以下のとおりです。

JSPは以下です。

送信ボタンを押すと以下のようにエラーが表示されます。

SpringMVCのValidationチェックでエラーメッセージをプロパティファイルを使って日本語にする

株式会社CONFRAGE

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA