リランを考慮したデータの考え方

リランを考慮したデータの考え方についてです。

夜間のバッチで大量データを処理する場合、バルク処理で例えば5000件ずつ処理してコミットしたい場合などがあります。

10万件データがあったとして、9万1件目のデータが不正なデータでバッチ処理がこけた場合、リランすると思いますが、残りの1万件だけを処理するように設計します。

例えば以下のようにデータを持ちます。

単位 数量 料金 料金年月日
100 5 500 (null)

バッチ処理は、料金年月日 is nullのデータを取得するようにし、処理し終わったら料金年月日をsysdateでアップデートします。

これでリランするときは、途中でこけても残りのデータだけ処理するようなデータになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA