準委任契約と注文請書の収入印紙について

IT業界にいると準委任契約という言葉をよく聞きます。

準委任契約は、民法第656条に規定されています。

準委任契約は、瑕疵担保責任がなく、また、請負のように完成責任もありません。

業務を処理することを約束する契約になります。

但し、善管注意義務を負います。これを怠ると債務不履行責任を問われます。

準委任契約のポイントは以下の通りです。

・発注者に指揮命令権がない

・発注者は報酬を一定期間ごとに支払う

注文請書について

印紙税法では、委任契約、準委任契約は不課税文書に当たる為、収入印紙を貼る必要がありません。

印紙税額については、こちらを参照ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA