ASCiiDocでincludeが使えない

求人

ASCiiDocでincludeが使えない

こんにちは東です。
今回はACiiDocについて書いてみようと思います。

タイトルにも書いていますが、ASCiiDocの魅力の一つとして、別ファイルの読み込みをおこない、ページに表示することができる「include」があります。

  • main.adoc

・ hogehoge.adoc

とあったとして。

実際にmain.adocをAtomでプレビューすると、
http://confrage.jp

のように、hogehoge.adocの内容が、main.adocの内部に表示されます。

ですが、GitBucket等で表示した場合は「inclide」が「link」とされてしまう為、
「hogehoge.adoc」というリンクが作成されてしまうことになります。

元々Javaエンジニアからはじまり、気付けばJS(ES6)、AWS、Python3.6、OutsystemsPlatformと色々やってました。

得意技: Java、JS(ES6)、AWSの一部リソース

勉強中: AWSの各種リソースと、Python3.6

MarkDownからASCiiDocへ目覚めつつある今日この頃。

座右の銘は「一言芳恩」「華麗奔放」「不決断こそ最大の害悪である」です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. kounoike より:

    こんにちは、検索から来ました。

    GitBucketのサーバ上ではhogehoge.adocはファイルではなくGitリポジトリの中に格納されているので、単純にはinclude処理ができないからですね。
    ちょっと興味が出たのでgitbucket-asciidoctor-pluginを修正してみました。https://github.com/asciidoctor/gitbucket-asciidoctor-plugin/pull/19 でPR出してますのでそのうちマージされるかも…?
    もし試してみたいということであればご連絡いただければこちらでビルドしたjarファイルをお送りします。

    • より:

      コメント有難う御座います。

      PR出してらっしゃるんですね!
      とても興味ありますので、是非、連絡させて頂きたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA