DIコンテナにBeanを自動登録する

BeanをDIコンテナ(JavaConfig)に記述していましたが、@ComponentScanアノテーションを使用するとエントリポイントのパッケージ配下のBeanを自動でDIに登録してくれます。

この時、Beanクラスには@Componentアノテーションを指定しておく必要があります。

これによりJavaConfigのクラスは不要になります。エントリポイントの@Importアノテーションも不要です。

次にrunメソッドを実装していたBeanもエントリポイントのクラスにCommandLineRunnerインタフェースを実装することにより不要にすることができます。

CommandLineRunnerインタフェースはrunメソッドを実装する必要があります。

まず、文字列連結しているだけのAppendStringクラスです。

以下、ソースです。

次にエントリポイントのクラスです。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA