Javaでjt400.jarを使用してAS400のDB2にアクセスする

PureJavaからjt400.jarライブラリを使用してDB2にアクセスする例です。

import java.sql.CallableStatement;
import java.sql.Connection;
import java.sql.DriverManager;
import java.sql.ResultSet;
import java.sql.SQLException;
public class SqlUpdate {

  /**
    * @param args
    */ 
  public static void main(String[] args) {

    String url = "jdbc:as400://";
    String system = "192.168.1.1";// IPアドレス
    String libl = "SCHEMA";// スキーマ  
    String user = "QSECOFR";
    String password = "QSECOFR";
    Connection con = null;

    try {
      // JDBCドライバのロード
      Class.forName("com.ibm.as400.access.AS400JDBCDriver");

      // DB接続
      con = DriverManager.getConnection(
      url +
      system + ";" + "libraries=" + libl,
      user,
      password);

      // SQLコンテナ作成
      String sql = "SELECT * FROM MASTER";
      CallableStatement stmt = con.prepareCall(sql);

      // SQL実行
      ResultSet rs = stmt.executeQuery();

      // 検索結果取り出し
      int i = 0;
      while(rs.next()) {
        System.out.println("SELECT実行結果: " + rs.getString("CODE"));// 取得したカラム名
        i++;
      }
      stmt.close();

    } catch(SQLException e) {
      while(e != null) {
        System.out.println("エラー:SQL例外");
        System.err.println(e.getMessage());
        System.out.println("");
        e = e.getNextException();
      }

    } catch(Exception e) {
      System.out.println("エラー:例外");
      e.printStackTrace();

    } finally {
      try {
        con.close();
      } catch(SQLException e) {
        e.printStackTrace();
      }
    }
  }
}

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA