Java8のStringJoinerの使い方

Java8からjava.util.StringJoinerクラスが追加されました。

StringJoinerは引数が文字列のコンストラクタになるので以下のようにnewするとエラーとなります。

空文字を指定するとエラーにはなりません。

引数にはセパレータを指定しますが、セパレータがなければ上記のように空文字にします。

以下、例です。

結果は以下のようになります。

セパレータに”,”を指定すると、以下のような結果になります。

StringJoinerは第二引数、第三引数も指定でき、第二引数はプレフィックス、第三引数は差フィックスを指定します。

以下、例です。

結果は以下のようになります。

・setEmptyValue

setEmptyValueと言うメソッドが用意されており、addしていない場合のデフォルト値をセットするメソッドです。addしていない場合は、プレフィックス、サフィックスを指定していても無視されてsetEmptyValueで指定した文字列が表示されます。

以下、例です。

結果は以下のようになります。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA