JavaScriptをオブジェクト指向で使用する

JavaScriptをオブジェクト指向で使用する方法です。

クラスという概念があり、newできたりします。

a.jsファイル内に以下を記述します。

function test() {}

これで、test.prototypeが自動生成されます。

prototypeの書き方は以下のように記述します。(a.js内)

test.prototype = {
  // 定数
  TEISU = "12324567890",
  // メソッド
  submit : function(){

  },
  // メソッド
  close : function(){

  },
  // メソッド
  wait : function(){

  }
};
window.$confrage = new test();

これで、$confrage.submit()というような使い方が出来るようになります。

JSの言語仕様はかなり変わっていっており、classというキーワードが使えるようになっています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA