JMockitのDeencapsulation.getFieldの使い方

JMockitのDeencapsulation.getFieldの使い方です。

MainクラスとLogicクラスがあるとします。

それに対してMainTestクラスとLogicTestクラスがあります。

Deencapsulation.getFieldメソッドを使用すると、別のクラスの定数を取得することができます。

以下はLogicTestクラス内からLogicクラスの定数を取得する例です。

private static final Class logic = Logic.class;
private static final String PG_ID = Deencapsulation.getField(logic,"PROGRAM_ID");

このように記述することにより、Logicクラスに定義されているPROGRAM_IDをPG_IDに格納することができます。

その他にもDTOのインスタンスからプロパティを取得することとかもできます。

Deencapsulation.getField(dtoのインスタンス,"プロパティ名");

これでプロパティ値を取得することができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA