Lambda(Node.js)からDynamoDBのテーブルにデータを登録する

Lambda(Node.js)からDynamoDBのテーブルにデータを登録します。

AWS.DynamoDB.DocumentClient()のputメソッドを使用します。

引数のオブジェクトには以下が指定できます。

TableName 登録対象テーブル名
Item 項目(オブジェクト形式)

以下はsampleというテーブルに登録(インサート)している例です。

var AWS = require('aws-sdk');
var dynamo = new AWS.DynamoDB.DocumentClient();

exports.handler = (event, context, callback) => {
  const params = {
    TableName:'sample',
    Item: {
      'id':'2',
      'sortkey':'4',
      'time': 10000
    }
  };
  dynamo.put(params, function(err, data){
    console.log(data);
  });
  callback(null, 'Hello from Lambda');
};

これで簡単にデータを登録することができます。登録時にtimeなどの予約語を使用してもそのまま登録できるようです。

Lambda(Node.js)からDynamoDBのテーブルにデータを登録する

参考サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA