Spring FrameworkのJavaConfig(Bean)を作成する

Spring FrameworkにはDI(依存性の注入)コンテナというというインスタンスを管理する技術があります。

DIコンテナを使用してシングルトンのインスタンスを生成します。

まず、プロジェクトを作成します。

c:\workspace>mvn -B archetype:generate -DgroupId=com.confrage -DartifactId=sp
ringboot-di -Dversion=1.0.0-SNAPSHOT 
 -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart

プロジェクトを作成したら、pom.xmlを以下のように修正します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" 
 xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
 xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 
 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
<modelVersion>4.0.0</modelVersion>

<groupId>com.confrage</groupId>
<artifactId>springboot-di</artifactId>
<version>1.0.0-SNAPSHOT</version>
<packaging>jar</packaging>
<name>springboot-di</name>

<parent>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-parent</artifactId>
<version>1.1.8.RELEASE</version>
</parent>

<dependencies>
<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<!-- modified start -->
<!-- <artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId> -->
<artifactId>spring-boot-starter</artifactId>
<!-- modified end -->
</dependency>

<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-test</artifactId>
<scope>test</scope>
</dependency>
</dependencies>

<build>
<plugins>
<plugin>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-maven-plugin</artifactId>
</plugin>
</plugins>
</build>

<properties>
<java.version>1.8</java.version>
</properties>
<url>http://maven.apache.org</url>
</project>

pom.xmlを修正したら、まずJavaConfigを作成し、実装クラスを管理するDIコンテナの役割をさせます。

DIコンテナはXMLかJavaクラスで作成しますが、今回はJavaで作成します。

この時、クラス名に@Configurationアノテーションを指定する必要があります。

また、Beanを生成するメソッドには@Beanアノテーションを指定する必要があります。

package com.confrage;

import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;

import com.confrage.app.AppendString;

@Configuration
public class AppConfig {
  @Bean
  AppendString getMsg(){
    return new AppendString();
  }
}

getMsgメソッドでAppendStringのインスタンス(シングルトン)を返しています。

AppendStringクラスが実装部分になります。(文字列連結しているだけ)

以下、ソースです。

package com.confrage.app;

public class AppendString {
  public String append(String a,String b){
    return a + b;
  }
}

最後にエントリポイントを作成します。(main)

package com.confrage;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.EnableAutoConfiguration;
import org.springframework.context.ConfigurableApplicationContext;
import org.springframework.context.annotation.Import;

import com.confrage.app.AppendString;

@EnableAutoConfiguration
@Import(AppConfig.class)
public class SpringbootDiApplication {
  public static void main(String[] args) {
    ConfigurableApplicationContext context =
      SpringApplication.run(SpringbootDiApplication.class, args);

    // Configで指定したBean名にする
    AppendString getMsg = context.getBean(AppendString.class);
    String str = getMsg.append("test1", "test2");

    System.out.println(str);
  }
}

クラス名にImportアノテーションを使用し、カッコ内にDIコンテナで管理するクラス名.classを指定します。

context.getBean(実装クラス.class)

上記のように記述して、戻り値は実装クラス(AppendString)になります。

このクラスではappendメソッドを定義しているのでそれを使うことができます。最後に標準出力しています。

実行は、STSから実行でも可能ですし、以下のようにコマンドプロンプトでプロジェクト配下に移動して実行することもできます。

mvn spring-boot:run
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA