Strutsのコンテキストルート

CodeIgniterが来たと思ったらFuelPHPで今はアメリカで大人気のLaravelっていうフレームワークがあるらしい。

パッと見た感じBootstrap使ってそう。勉強したいけど、まだ日本語の本はないし、勉強追いつかない。

ということで勉強すればするだけ他のことを忘れてしまうのでStrutsのコンテキストルートについて。

EclipseでTomcatプロジェクトを作成する時に%TOMCAT_HOME%\conf\server.xmlに

<Context path="/sample" reloadable="true" docBase="C:¥workspace¥sample" workDir="C:¥workspace¥sample¥work" />

っていうのが勝手に記述されるんでした。このままにする場合は、EclipseのTomcat設定は以下のようにするとserver.xmlファイル内が更新される。

コンテキスト・ファイルを選択して「%TOMCAT_HOME%\conf\Catalina\localhost」に設定するとコンテキストルート.xmlと言うファイルが勝手に作成される。

どっちにしてもTomcat起動時にxmlファイルは読み込まれれるので、どっちでも良い思う。

Strutsのコンテキストルート

%TOMCAT_HOME%\conf\Catalina\localhost配下の記述方法も書いているので、詳しくはStrutsプロジェクトのディレクトリ位置を変更をどうぞ。

Strutsのコンテキストルート

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA