STSでWebアプリを実行する

STSでWebアプリを実行します。

App.javaが以下のような内容だとします。

package com.confrage;

/**
* Hello world!
*
*/
public class App
{
  public static void main( String[] args )
  {
    System.out.println( "Hello World!" );
  }
}

App.javaを右クリックし、「実行」-「Spring Boot App」を選択します。

コンソールにHello World!と表示されると思います。

ではソースを以下のように変更します。

package com.confrage;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.EnableAutoConfiguration;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

/**
* Hello world!
*
*/
@RestController
@EnableAutoConfiguration
public class App
{
@RequestMapping("/")
String home(){
return "Hello World!";
}

public static void main( String[] args )
{
SpringApplication.run(App.class, args);
}
}

これで同じように実行します。コンソールに文字列がいっぱい出てきます。これでTomcatが起動され、ブラウザからアクセスすることができます。

SpringApplication.runの第一引数は、クラス名.classにします。

URLは以下になります。

http://localhost:8080/

ブラウザ上にHello World!と表示されたらOKです。

STSでWebアプリを実行する

Webアプリの場合、pom.xmlは以下のようにspring-boot-starter-webになっています。

<dependency>
<groupId>org.springframework.boot</groupId>
<artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
</dependency>
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA