Spring BootのSQLを出力する

Spring Bootではクラスパス直下にsqlファイルを置くと勝手に読み込んで実行してくれるようです。

クラスパス直下とは「src/main/resoures」です。「src/main/resources/config」でも読み込んで実行はされました。

ちなみにSQLを出力するようにするにはpom.xmlに以下を追加します。

次に「src/main/resoures/log4j」配下に以下のlogging.xmlを作成します。(名前は任意です)

@EnableAutoConfigurationはデータソースを自動でDIコンテナに登録してくれましたが、Log4JDBCを使うためにはDataSourceを明示的に定義する必要があります。

これで明示的に登録することができました。

次にmainですが、これは先の投稿と同じです。

これでコンソールにSQLが出力されるようになります。

Spring BootのSQLを出力する

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA