パフォーマンステストでMySQLでスロークエリを検出する方法

パフォーマンステストでMySQLでスロークエリを検出する方法

MySQLでスロークエリをログ出力する方法です。

slow_query_logがOFFになっていたらmy.ini(my.cnf)でONにします。

また、指定した秒以上かかったSQLのみをログ出力することが可能です。

my.ini

slow_query_log_fileで指定したログファイルは、C:\ProgramData\MySQL\MySQL Server 5.7\Data配下に出力されます。

これでMySQLサービスを再起動すると、指定した秒数より遅いスロークエリはログに出力されるようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA