レポートツールmochawesomeの使い方

レポートツールmochawesomeの使い方

カバレッジレポートツールmochawesomeの使い方です。

入っていない場合は

npm install –save-dev mochawesome

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

を実行します。

mochawesomeの使い方です。

mocha testfile.js –reporter mochawesome

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

重要なのは出力されるレポートです。

mochawesome.html – レンダリングされたレポートファイル
mochawesome.json – レポートのレンダリングに使用された生のjson出力

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

mochawesome.htmlをchromeで見るときれいにテストが実行されてOKかNGかがわかります。

optionが多いです。以下、プログラムでコーディングする例です。

mocha(
reporter: 'mochawesome',
reporterOptions: {
reportDir: './sample/report/',
autoOpen : true
}
)

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

reportDirは出力先を指定します。

autoOpenは実行した後にmochawesome.htmlをブラウザで自動的に開いてくれます。

Problem with mochawesome: TypeError: Cannot read property ‘fn’ of undefined

このエラーは、describeの第一引数のタイトルが”のテストがあるとエラーとなるようです。

レポートツールmochawesomeの使い方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA