不動産こそFIREの近道!?いやいやそんなことないよ。不動産あるあるその3

不動産こそFIREの近道!?いやいやそんなことないよ。不動産あるあるその3

ワタシが33歳のときに購入した物件、JR新大阪から徒歩1分ほどのところにある大規模マンションのご紹介です。

このマンション、店子さんが超有名企業の営業所だったのです。男性の方ならだれでも知っているであろう大変有名な企業さんの営業所でした。即購入しました。^^

マンションを正常化する会からの通知

エッこのマンションも???汗汗

悪い予感がするなぁ~~、と思いつつ経験(K)大事!と思ってもうwkwkで総会に参加しました。よかった、今回は新大阪で^^;

総会会場に行きますと、もう凄いデッカイ会場!コンサートホールか?と思うくらいのデカさでした。さすが大規模マンションの総会です。

総会開始

さぁー総会が始まりました。

ワタシがまずすっごく怪しいなと思ったのは、100分の1の所有権の方々が理事や理事長に立候補しているのです。

この手法も不動産あるあるです。

不動産が1000万円として、100分の1ということは10万円相当の不動産しかもっていない方々が徒党を組んで理事会を乗っ取ろうとするんです。

理由はもちろん優に超える億単位の修繕積立金です。

コリャイカン!私、挙手しました。

「100分の1の所有権しかない人が理事になったりしたら普通に考えておかしいですよね?5万~10万程度の権利しかない人がマンションの舵取りするのはおかしいと思います。ちゃんと100分の100を所有している人たちが理事になるべきだと思います」

私の言い分が終わったら、斜め前に座っていた恐らく徒党の一人と思われる汚い顔面の人が小さい声で「ありゃ親戚なんだから、そういう100分の1とかあるんだよ」って言うてきました。

ナイナイ。黙れカス。相続でもらったとか、そういうケースで1/2ずつとかにするっていうのはよくあるんです。

100分の1ってなったら不動産業者なら「あ~~~~そっち系かぁ~笑」ってなるでしょう。

若気の至りゆえ、だんだんテンションが上がり何度も挙手して、抵抗しました。

汚い顔面が私の3cm手前に…

斜め前のオッサンが段々私の意見に腹を立ててきたのか?邪魔な人間だと思ったのか?

無言で私に近づき汚い顔面をこのキレイな私の顔面に近づけてきたのです。その間、約3cmくらい。

(アシュラマン怒)発動しておきました。相手がどういうヤカラであれ、不動産を生業とするのであればこんなクソ野郎に1ミリたりとも負けるわけにはイカンのです。

その後、「警察呼べやぁ~」とか色々怒号がとびかってました。※この当時録音していたので、今聞くと懐かしいです^^

これでも不労所得?

ワタシのように揉め事があれば顔を出すから不動産投資ってのはしんどいんです。ですが臭い物に蓋をするような腰抜けな人間の集まりであれば、不動産はいとも簡単に資産価値が下がります。上げるのは難しいですが、下げるのは大変簡単です。

資産価値が下がってもいいのなら不動産でFIREなんて到底無理でしょう。売れない物件なんて負債でしかありません。リセールできるように資産価値を維持するのが不動産投資の大事なお仕事です。

ですので無学無関心な方はJ-REITお勧めします。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA