Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

アウトバウンドウィスパーフローを使って、Amazon Connectから取得した電話番号(CCP)から顧客に発信した際のフローを指定することが出来ます。但しこのフローはオプションですので必須ではありません。

「ルーティング」ー「キュー」からキュー画面を開きます。

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

デフォルトで用意されている「Default outbound」を指定しても良いですし、「アウトバウンドウィスパーフローの作成」から独自で作成しても構いません。作成後、キューで指定すればよいです。

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

ここから作成が可能です。

録音する

コンタクトセンターから顧客に発信して、いきなり音声プロンプトが流れたら違和感があるので、ここでは通話録音をするアウトバウンドウィスパーフローを作成してみます。

アウトバウンドウィスパーフロー作成

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

いたってシンプルです。

「Set recording and analytics behavior」をフローに入れます。

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

設定はこんな感じにします。

wavファイルの保存場所

デフォルトで保存される場所は、Amazon Connectのインスタンスエイリアスをクリックして、データストレージに記載があります。

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

右の方に「編集」ボタンがありますのでS3バケット、オブジェクトキーを変更することは可能です。

CCPから携帯などの電話機にでも発信すれば、通話やり取りが録音されていることが確認できます。

Amazon Connectでユーザー(エージェント)から発信する際のアウトバウンドウィスパーフロー

ファイル名末尾にUTCタイムスタンプがつくようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA