Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する(ソフトフォン)

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する(ソフトフォン)

前提

CCPとは

CCPとはAmazon Connect Contact Controlの略で、ブラウザベースの電話です。

右上にボタンがあります。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

押すとCCPが表示されます。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

この画面で携帯にかけることが出来ますがマイクが必要です。090xxxxyyyyと入力して「呼び出し」を押せば携帯にかかります。

エージェント権限のユーザーの場合は、ログインするとCCPのみ表示されます。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する(ソフトフォン)

キュー

キューを作成して、取得した電話番号と紐づけます。

「ルーティング」ー「キュー」からキューの作成画面に遷移します。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

名前:必須なので何か入力します。

オペレーション時間:最初から用意されている「Basic Hours」にします。

※「ルーティング」ー「オペレーション時間」より作成が可能です。

アウトバウンド発信者ID名:未入力でも良いですが設定することをお勧めします。

※一部のPSTN通信事業者は発信通話を不正行為とみなして切断する可能性があります。

アウトバウンド発信者ID番号:取得した電話番号がコンボボックスで表示されるので選びます。

アウトバウンドウィスパーフロー(オプション):省略可能なのでここでは一旦省略します。

キュー内の最大問い合わせ数 (オプション):チェック入れません。

これで「新しいキューの追加」をクリックすればキュー作成の完了です。

ルーティングプロファイル

取得した電話の着信にはキューが最低一つ作成です。

「ユーザー」ー「ルーティングプロファイル」からルーティングプロファイルの作成画面に遷移します。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

「新しいプロファイルを追加」をクリックします。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

名前:必須なので何か入力します。

説明:必須なので何か入力します。

チャネルと同時実行を設定:「音声」にチェックを入れます。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

ルーティングプロファイルのキュー:必須ではないですが、キューを設定しないとCCPから発信しても通話が出来ません。

デフォルトのアウトバウンドキュー:必須なので先ほど作成したキューを設定します。

「新しいプロファイルを追加」をクリックすればプロファイル作成の完了です。

ユーザー(エージェント)に紐づける

最後にユーザー(エージェント)にプロファイルを紐づけます。このユーザーがコンタクトセンターの電話受付する方を指します。

「ユーザー」ー「ユーザー管理」から新しくユーザーを作成しても良いですし、Adminのユーザーに紐づけても良いです。ここではAdminユーザーに紐づけます。

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

先ほど作成したルーティングプロファイル(testという名前)をコンボボックスから選択して「保存」を押します。これで設定完了です。

CCPから発信する

準備が出来ましたので、CCPを起動して発信します。

CCP(発信)

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

この画面は発信中です。

携帯(着信)

Amazon Connectで取得した電話番号(CCP)から携帯に発信する

携帯側はこんな感じで海外経由(これは香港の電話番号取得した為)で着信があります。(E.164番号形式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA