Amazon ECSコンテナにSSHでログインする手順

Amazon ECSコンテナにSSHでログインする手順

ECSクラスター作成するとEC2が作成されますが、このEC2にログインするにはキーペアが必要になります。

ECSクラスター作成前に事前にキーペアを作成しておきます。

Amazon ECSコンテナにSSHでログインする手順

このキーペアを作成しておいてから、ECSクラスターを作成します。

クラスターの作成

Amazon ECSコンテナにSSHでログインする手順

「クラスターの作成」をクリックしてクラスター作成します。

Amazon ECSコンテナにSSHでログインする手順

キーペア欄にリストボックスでキーペアが一覧表示されるので、作成したキーペアを選択します。

これでクラスター作成すれば、キーペア(pemファイル)をもってssh接続することが可能です。

Amazon Linuxログイン例

ログインした後の表示です。

まとめ

事前にキーペア作成しておく必要があります。またECSインスタンスのタスクが異常終了したときは、ECSインスタンスにログインして、docker logs コンテナIDコマンドを実行して詳細を見るので、キーペアは作成して置いた方が良いです。

参考サイト

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonECS/latest/developerguide/instance-connect.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA