Amazon S3のローカル版s3ninjaのインストール方法と使い方

求人

DynamoDBにDynamoDB-localがあるようにS3にもローカル版があるようです。

ユニットテスト用に作られたんでしょうか。

Amazon S3のローカル版s3ninjaのインストール方法です。

ダウンロードはこちらです。

「Download」をクリックします。現時点で最新の「s3ninja-2.7-zip.zip」をダウンロードします。

これを解凍します。

Windows7またはWindows10で起動する場合はIPL.classを実行するだけです。

また、JRE6以上が必要です。

以下、カレントディレクトリに移動してからの実行コマンドです。

これでs3ninjaが起動しました。

http://localhost:9444」にアクセスすると、ninjaのホーム画面が表示されます。

いきなりエラーがでていますが、dataフォルダ配下に「s3」フォルダを作成する必要があります。

ホーム画面をリフレッシュするとエラーは消えます。

Bucketを作成する

次にAmazon S3でもBucketがあるようにs3ninjaでもバケットがあります。

ホーム画面から作成することができます。ここではsampleとします。

「data/s3/sample」フォルダが作成されていたらOKです。

ninja s3をシャットダウンする

シャットダウンする場合は、Ctrl + cでいけますが、正式には以下のコマンドをタイプするのが正しいようです。

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA