Android 7.1.1で開発者モードを有効にして実機のログをパソコンから確認する方法

求人
Android 7.1.1で開発者モードを有効にして実機のログをパソコンから確認する方法

エミュレータと実機で動作やデザインがどうしても違うことがあるので、実機のログを見れる方法を試してみました。

Android StudioのSDK ManagerでGoogle USB Driverをインストールします。

Android 7.1.1で開発者モードを有効にして実機のログをパソコンから確認する方法

インストールしたら今度はAndroidを開発者モードにします。この設定は7.1.1の手順です。

「設定」-「端末情報」-「ソフトウェア情報」を表示し、ビルド番号を連打します。

既に有効になっている場合は「開発者向けオプションが既に有効です。」と表示されますが、無効の場合は連打すれば、「設定」-「開発者向けオプション」というのが追加表示されます。

この「開発者向けオプション」-「USBデバッグ」を有効にします。

これで実機をUSBでパソコンにつなぎます。

というバッチがありますので、これを実行します。すると、Android Device Monitorが表示されます。

Android 7.1.1で開発者モードを有効にして実機のログをパソコンから確認する方法

「Devices」欄に認識されていればOKです。このままOnlineの状態で実機でアプリを実行すればログがLogCatに表示されます。

Android 7.1.1で開発者モードを有効にして実機のログをパソコンから確認する方法

色々ログが表示されるので、ApplicationかTagでフィルターするのをお勧めします。

アプリケーション名は「com.example.app」みたいな感じで、Tagなら「chromium」だと思います。console.log()が表示されるので結構便利です。

このコマンドで実機が接続されているのが確認できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA