@Autowiredアノテーション

@Autowiredアノテーション

@Autowiredアノテーションとはなんなんでしょう。

DIコンテナはインスタンスを管理するコンテナです。

アクションフォーム(コンポーネント)クラスです。

サービスクラスです。@Serviceアノテーションを使用していますが、基本的に@Componentと同じです。

で、最後にコントローラクラスです。

表示するJSPです。

上記のようにフィールドの上に@AutoWiredアノテーションをつけると、DIコンテナがその変数の型に代入できるクラスを@Componentの付いているクラスから探し出し、インジェクションしてくれるわけです。

以下のように表示されます。

@Autowiredアノテーション

サービスクラスを使用せずに、アクションフォーム(コンポーネント)クラスに@ComponentアノテーションをつけてあげてDIする、というのが一般的だと思います。

@Autowiredアノテーション

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA