AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

求人
AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

Elastic Beanstalkは超簡単にデプロイしてくれるサービスです。

デプロイには数分かかりますが、ボタン一つです。(もう少しボタン押す必要があるかも)

手順は後述するとして、デプロイ完了すればURLにアクセスしてみます。

AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

この画面がサンプルアプリケーションの画面です。裏ではEC2が作成されていたり、セキュリティグループやEIPなども作成されています。ついでにS3のバケットも作成されます。

どうもCloudFormationのスタックを利用してElastic Beanstalkは作成していっているようです。

今回はサンプルアプリケーションですが、手順を書いておきます。

サンプルアプリケーション作成手順

AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

「今すぐ始める」をクリックします。

AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

アプリケーション名は適当で大丈夫です。プラットフォームも今回はPythonにしただけです。

今回はサンプルなので、「サンプルアプリケーション」を選択してください。

最後に「アプリケーションの作成」をクリックします。

アプリケーション名を「test」にしたのでアプリケーション名は「Test-env」になるようです。アプリケーション作成まで5分ほどかかりました。

AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

これでURLが付与されるので、クリックすれば上記の画面が表示されます。(サンプルです)

環境削除方法

今回は試しにサンプルアプリケーションを作りましたが裏で色々作成されているので、一気にすべてを削除する方法を紹介します。

AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

「アクション」-「環境の終了」より全削除することが可能です。

AWSのElastic Beanstalkを使ってみました

数分かかりますが、これで全てのリソースが削除されます。便利ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA