AWSのVPC Lambdaと非VPC Lambdaの違い

求人
AWSのVPC Lambdaと非VPC Lambdaの違い

非VPCのLambdaとVPC対応のLambdaの違いを今知りました。。

やっぱり何となく仕事している私って、駄目ウーマン。参考サイト or ブログをきちんと見ましょう。

なぜ非VPC LambdaがRDSにアクセスできたのか

以前書いた記事で「AWS LambdaからRDS(MySQL)にSQLを発行する」がありますが、これ実はRDSのパブリックアクセシビリティが有効だったからです。要するにRDSにグローバルIPアドレスが割り当てられていたため、非VPC Lambdaからもアクセスが可能だったわけです。

ということで確認のため、今回はパブリックアクセシビリティを「いいえ」にして無効にします。※グローバルIPアドレスが割り当てられなくなります

パブリックアクセシビリティが無効なRDSに非VPC Lambdaはアクセスできるか

できません。なぜならRDSにグローバルIPアドレスが割り当てられていないからです。

パブリックアクセシビリティが無効なRDSにVPC Lambdaはアクセスできるか

できます!但し同じサブネット、適切なセキュリティグループが設定されていれば!です。

今回で言うとRDSと同じサブネット、RDSが使用するポートが解放されているセキュリティグループであること、です。

ということはElastiCacheにもVPC Lambdaからアクセスできるようになるのでしょうか。

また時間ある時に調査したいと思います。

AWSのVPC Lambdaと非VPC Lambdaの違い

関西で140-170/80~120万から受け付けております^^
得意技はJS(ES6),Java,AWSの大体のリソースです
Python3.6,Djangoを勉強中です,Javaは少し飽きてしまってます–;
コメントはやさしくお願いいたします^^
座右の銘は、「狭き門より入れ」「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」です^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA