AWS Batchでジョブ終了後にEC2を自動的に削除したい

AWS Batchでジョブ終了後にEC2を自動的に削除したい

ジョブの実行環境であるEC2を自動的に削除しない場合、EC2が作成されたままになってしまい、課金されてしまいます。ジョブが終了したらEC2インスタンスを削除するように設定します。

コンピューティング環境の作成

コンピューティング環境作成時に、最小vCPUの設定を「0」にしておきます。

AWS Batchでジョブ終了後にEC2を自動的に削除したい

これを常に 0 に設定しておくことで、実行する作業がない場合にインスタンスが時間を浪費することを避けられます。これを 0 より上に設定すると、その数の vCPU を常に維持する必要があります。

説明にもある通り、0にすることでジョブが発生した場合にEC2インスタンスが作成され、ジョブが終了したらEC2インスタンスが削除されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA