AWS CDKで既存リソースのIDはSSMパラメータストアを利用する

AWS CDKで既存リソースのIDはSSMパラメータストアを利用する

項目 バージョン
CDK 2.28.0

AWS CDKで既存のリソース、例えばVPCなどを利用するケースがあります。

この既存VPCを利用する時にVPCIDが必要になりますが、tsファイルにハードコーディングするわけにいかないので、SSMパラメータストアを利用します。

「/ids/vpcid」という名前でvpcidを保存しておきます。

AWS CDKで既存リソースのIDはSSMパラメータストアを利用する

aws-ssmをimportします。

tsファイルを修正します。

これでデプロイします。

正常デプロイでき、vpcidが取得できることを確認できます。

参考サイト

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/systems-manager/latest/userguide/systems-manager-parameter-store.html

https://docs.aws.amazon.com/cdk/api/v2/docs/aws-cdk-lib.aws_ssm-readme.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA