AWS CLIのprofileを変更する方法(Windows,Linux)

AWS CLIのprofileを変更する方法(Windows,Linux)

CLIでAWSアクセスしようとしたときに既にcredentialsが存在していた為、中身を見てみると既にdefaultが設定してありました。

[default]
aws_access_key_id = AKITYZKXO7HEF53KXOXA
aws_secret_access_key = RPq0MrnmZlAoNQn1jrL+uiqrrxa9afm1EWGni4YR

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

プロファイル追加

あたらしくプロファイルを追加します。

これでtakahashi-userという設定ができます。

[default]
aws_access_key_id = AKITYZKXO7HEF53KXOXA
aws_secret_access_key = RPq0MrnmZlAoNQn1jrL+uiqrrxa9afm1EWGni4YR
[takahashi-user]
aws_access_key_id = AIOGU4WZT4U6KZFXEGTY
aws_secret_access_key = UIxhUOeBjBGxBcdOIqAEGRn7Oa4d+oxWFA7XU0BB

view raw
gistfile1.txt
hosted with ❤ by GitHub

今後、defaultではなくtakahashi-userを使う場合は各コマンドの最後に--profile takahashi-userを付ければAWSにアクセスすることができます。

これが面倒な場合は、ウィンドウズなら環境変数AWS_DEFAULT_PROFILEにtakahashi-userを設定すればOKです。

プロファイル変更(Windows)

プロファイル変更(Linux)

現在のプロファイル確認

現在のプロファイルを確認するには

で、確認ができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA