AWS LambdaをPython3.6で書いてみる入門編です

AWS LambdaをPython3.6で書いてみる入門編です

最近node.jsも飽きたのでPython3.6でLambdaを勉強しようと思いました。

node.jsだとindex.jsがデフォルトで作成されますが、Python3.6だとlambda_function.pyが作成されるようです。

ハンドラは、lambda_function.lambda_handlerとなっているので、lambda_handlerという関数を作成する必要があるようです。

デフォルトの関数は以下の遠おりです。

実行結果は以下の通りです。

AWS LambdaをPython3.6で書いてみる入門編です

eventオブジェクトを出力する

eventオブジェクトを出力してみます。

テストイベントは以下のように設定してテストします。

テストを実行します。

AWS LambdaをPython3.6で書いてみる入門編です

ログにテストイベントが出力されている事が確認できます。

AWSのリソースにアクセスする

node.jsでもLambdaからDynamoDBへアクセスする、など行いましたが、これをPythonのSDKを使用して実装してみます。

上記がnode.jsでいうaws-sdkに該当します。

上記でDynamoDBとアクセスするオブジェクトが作成できました。

このオブジェクトを使用して全件検索した結果をreturnします。

結果は以下のようになります。データ2件でした。

pipから便利なモジュールを入れて圧縮してLambdaを作成する、というのはまた次回試したいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA