AWS Pinpointコマンドチートシート

AWS Pinpointコマンドチートシート

Pinpointのコマンドでエンドポイント登録やメッセージ送信の方法です。前提としてfcm.jsonが存在しているとします。現時点では東京リージョンも対応されたようですが、オレゴン、コマンドプロンプト確認しました。

fcm.json

apns.json

エンドポイント登録(FCM)

エンドポイントを登録するにはupdate-endpointを使用します。

正常に登録出来たら「Accepted」となります。

EffectiveDateがISO8601フォーマットでない場合、「An error occurred (BadRequestException) when calling the UpdateEndpoint operation: EffectiveDate must be in ISO 8601 format」が発生します。

エンドポイント登録(APNS…)

APNSなどでもエンドポイントを登録するにはupdate-endpointを使用します。

正常に登録出来たら「Accepted」となります。

エンドポイント情報取得

登録したエンドポイントの情報を取得するにはget-endpointを使用します。

application-idとendpoint-idは登録時にJSONファイルなどで指定した値を指定します。

Addressにデバイストークンが設定されます。

エンドポイント削除

登録したエンドポイントを削除するにはdelete-endpointを使用します。

application-idとendpoint-idは登録時にJSONファイルなどで指定した値を指定します。

Addressにデバイストークンが設定されます。

get-endpointを実行すると削除されているので「An error occurred (NotFoundException) when calling the GetEndpoint operation: Resource not found」エラーになるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA