DBUnitを使用してエクセルからデータを投入する

DBUnitを使用してエクセルからデータを投入する

JUnitのテストで、DBUnitを使用してエクセルからデータを投入することができます。

エクセルは1行目はテーブルのカラム名を記述し、2行目から実データとなります。

また、シート名がテーブルとなるので、複数テーブルにデータ投入したい場合は複数シートに分けることで可能となります。

以下、CLEAN_INSERTする例ですが、テーブルを全デリートしてからエクセルのデータを投入してくれます。

org.dbunit.dataset.NoSuchColumnException: テーブル名.カラム名

上記のエラーが出た場合はエクセル内にテーブルに存在しないカラム名が記述されている時です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA